くわと亀田縞がコラボした「鍬と野良着」 (2021.8.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟市亀田の伝統織物「亀田縞(かめだじま)」の三条市で受け継がれる三条鍛冶がコラボレーションしたイベント「鍬(くわ)と野良着」が7日から16日まで三条市田島1、株式会社相田合同工場(相田聡社長)で開かれている。

「鍬と野良着」が開かれている相田合同工場の鍬ギャラリーで相田社長
「鍬と野良着」が開かれている相田合同工場の鍬ギャラリーで相田社長

亀田縞を扱う商品企画・卸販売の「パクチープラス」(新潟市中央区東堀通り4)を営む佐藤洋子さん(55)がセレクトした亀田縞を使ったワンピース、羽織コート、かっぽう着、ポンチョなど数十点の衣類をはじめマスク、スリッパ、帽子、バッグなどを展示販売している。

展示販売されている亀田縞から生まれた商品
展示販売されている亀田縞から生まれた商品

展示している空間は、相田合同工場が製造する工場併設のくわの常設展示場「鍬ギャラリー」。亀田縞はかつて農作業のときに着る野良着にも広く使われ、同じ環境で生かされていたせいか、布と金属というまったく違う存在でありながら不思議と調和している。

亀田縞を使った衣類
亀田縞を使った衣類

くわ専門の鍛冶で知られる相田合同工場は昨年、同じ時期に創業90周年事業として、くわとアート作品を展示するイベントを行った。ことしも同じ時期にイベントを考えていたところ知り合いを通じて佐藤さんを紹介された。

亀田縞を使った小物
亀田縞を使った小物

相田社長は「思った以上に親和性がある。今後も毎年、今の時期にイベントを開こうと思っているが、組み合わせの幅が広がった」。佐藤さんも「こんなにしっくりくると思わなかった。くわも修理して使い続け、亀田縞も古くなったらほかのものに作り変えるなど長持させて使い続ける精神も似ていると思う」と話した。

ワークショップで作る亀田縞のつまみ細工
ワークショップで作る亀田縞のつまみ細工

土曜の7日と14日は参加費2,200円で亀田縞でつまみ細工を作るワークショップを行っており、それ以外でも会場に佐藤さんがいるときなら体験できるかもしれない。

また、相田合同工場ではくわの大修理相談会を開いており、柄のゆるみ直しや刃先の研ぎ直しは無料、柄の交換や刃先の付け直しは特別価格で行っている。毎日午前10時から午後4時まで。問い合わせは相田合同工場「鍬ギャラリー」(電話:0256-33-0192)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


9/30まで決算感謝セール (株)ナガワ長岡展示場
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
からあげフェスティバル開催中!9月30日まで利用できる燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」会員限定からあげクーポンを発行しています。
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com