弥彦神社のパラリンピック採火式はボーイスカウトが火を起こす (2021.8.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県弥彦村の弥彦神社で15日、東京パラリンピックの聖火につなげる採火式が行われ、地元ボーイスカウトが古代の方法で火を起こして採火した。

起こした火をランタンに移して小林豊彦弥彦村長(右)に手渡すボーイスカウト西蒲原第七団ボーイ隊の赤坂さん(左)
起こした火をランタンに移して小林豊彦弥彦村長(右)に手渡すボーイスカウト西蒲原第七団ボーイ隊の赤坂さん(左)

弥彦山(634m)の山頂で行う計画だったが、大雨が続いて準備ができなかったため、弥彦神社の「みずほ館」に会場を移し、地元のボーイスカウト西蒲原第七団ボーイ隊の隊員7人が火を起こした。

弥彦神社の神職が設けた祭壇に向かって神事を行ってから、7人が3班にわかれて「まいぎり式」と呼ばれる木の板の上で木を回転させて摩擦熱で発火させる方法で火を起こした。

まいぎり式で火を起こす
まいぎり式で火を起こす
麻で火を大きくする
麻で火を大きくする

すぐに煙が上がり始め、2、3分で発火に成功。麻で大きくした火をろうそくに移していったん神事にも使われる木製の道具、陰灯(かげとう)に納めてからあらためてランタンに火を移し、隊員を代表して三条市の中学生3年・赤坂響さん(15)から弥彦村の小林豊彦村長に手渡した。

「きのう練習したけどまったくつかなくて、まったくつかなくて、きょうはしっかりついたのでとてもほっとしている」、「パラリンピックの聖火として飾られる火なので、その火の一部になれたならとても光栄」と話した。

記念写真
記念写真

新潟県では12日から30市町村がそれぞれ採火。16日に新潟ふれ愛プラザ(新潟市江南区)で行われる集火式に集めてひとつの火にし、開催地の東京都へ出立する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


9/30まで決算感謝セール (株)ナガワ長岡展示場
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
からあげフェスティバル開催中!9月30日まで利用できる燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」会員限定からあげクーポンを発行しています。
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com