東京パラ開会式国歌の佐藤ひらりさんが県知事を表敬 (2021.9.14)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

8月24日の東京パラリンピック開会式で国歌を歌った新潟県三条市出身の全盲のシンガーソングライター、佐藤ひらりさん(20)=武蔵野音大2年=が9月13日、花角英世県知事を表敬訪問した。

左から佐藤ひらりさんの母、絵美さん、佐藤ひらりさん、花角知事
左から佐藤ひらりさんの母、絵美さん、佐藤ひらりさん、花角知事

大役を務めた佐藤ひらりさんの功績に、三条市は市民栄誉賞を創設して佐藤ひらりさんに授与することにしている。この日は午前に滝沢亮三条市長を訪問し、午後から花角知事を訪問した。

佐藤ひらりさんはデニム素材の和服に佐藤ひらりさんが京都の西陣をイメージしてつくったオリジナルソング『鼓動』をテーマにした西陣織の帯を締めて知事室を訪れた。地元の酒蔵、福顔酒造がつくった佐藤ひらりさんの20歳を記念したラベルを張った醸造酒を花角知事にプレゼントした。

花角知事と話す佐藤ひらりさん
花角知事と話す佐藤ひらりさん

佐藤ひらりさんは「どこでも言い続けてきた国家斉唱の夢をかなえることができた。本当にありがとうございます」、「これからもわたしのふるさと新潟県を忘れずに、今は武蔵野音大で作曲を勉強しているが、これからもっと羽ばたけるように新潟県も県外にPRしていきたい」と話した。

佐藤ひらりさんから花角知事に福顔酒造の醸造酒をプレゼント
佐藤ひらりさんから花角知事に福顔酒造の醸造酒をプレゼント

「わたしがつくった曲を子どもからおとなまで、みんなが口ずさんでくれるような曲を作れるシンガーソングになることと、今までは全盲のシンガーソングライターとフィーチャーされることが多かったが、これからはネットやテレビでわたしの歌を聴いて、この歌はいい歌だな、この歌をつくった人は目が見えなかったの?というステップで広まっていけるような、日本のスティービー・ワンダーになりたい」と抱負を話した。

本番では「珍しく緊張した」と話す佐藤ひらりさんに、花角知事は「本当に多くの人がひらりさんの姿を見て、頑張らなきゃと、感動と勇気を感じたと思う」とたたえた。

佐藤ひらりさん
佐藤ひらりさん

訪問後のインタビューに佐藤ひらりさんは、支えてくれた人に感謝の気持ちを込め、コロナ禍でみんなの心がひとつになればいいと思って歌ったことや、三条市の午後5時のチャイムに使われるような親しみやすい曲をつくりたいなどと話した。

滝沢三条市長(左)を表敬訪問した佐藤ひらりさん
滝沢三条市長(左)を表敬訪問した佐藤ひらりさん

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


9/30まで決算感謝セール (株)ナガワ長岡展示場
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
からあげフェスティバル開催中!9月30日まで利用できる燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」会員限定からあげクーポンを発行しています。
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com