「まちやま」開館1カ月足らずで来館10万人達成 (2022.8.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

7月24日に開館した三条市図書館等複合施設「まちやま」は、開館から1カ月足らずの8月21日、開館27日での来館者10万人を達成。10万人目にプレゼントを贈って10万人スピード達成を祝った。

「まちやま」来館者10万人目になった清水さん家族と滝沢市長、篠原図書館長、えんがわにゃんこ
「まちやま」来館者10万人目になった清水さん家族と滝沢市長、篠原図書館長、えんがわにゃんこ

10万人目は以前は三条市に住んでいた燕市小池、会社清水麗公さん(33)、妻真沙代さん(34)、長男真伸ちゃん(4)家族で、この日が数回目の来館。本館とサイエンスホールをつなぐ屋根付き通路「通りドマ」で記念セレモニーを行い、清水さん家族に滝沢亮市長から三条産のブドウ「シャインマスカット」、篠原智子図書館長から図書カードを手渡した。

麗公さんは「市長にもお会いできて光栄」で「こんなものまでいただいて最高の日曜日になりました」と喜び、真伸ちゃんはシャインマスカットの箱を抱き締め、本よりもブドウが好きと、ご機嫌だった。

図書カードなどをプレゼント
図書カードなどをプレゼント

来館者は三条夏まつりのあった20日の1万6000人が最多で、開館日の1万0500人がそれに次ぐ。1日平均の来館者は約3700人の計算で、旧図書館の1日平均500人の6.8倍。旧図書館は年間で17万人だったが、1年かからずに100万人を突破しそうな勢いだ。

駐車場に県外ナンバーの車も多く、「われわれの想定より早かった」と滝沢市長。「10万人をひとつの区切りとしてもっともっと、まちやまが多くの人に利用いただけるよう頑張っていく」と話すとともに、まちやまの前で開設される定期市の出店者から、以前は小学生が集まってもゲームばかりしていたが、今は学習室の高校生に感化されて勉強するようになったという話を聞いたことを喜んでいた。

「まちやま」は旧図書館から移転し、鍛冶ミュージアムと科学教育センターを併設し、隣接するまちなか交流拠点「ステージえんがわ」と連携してさまざまなつながりを生み出す空間をつくり、日本を代表する建築家、隈研吾氏の事務所がデザインしたことで市外への発信力も高まっている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com