分水高カヌー部初の1人でインターハイ2種目入賞の沖野部長 (2022.8.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2日から6日まで香川県の坂出市府中湖カヌー競技場で開かれたインターハイ「第38回全国高等学校カヌー選手権大会」で、新潟県立分水高校カヌー部の部長、3年沖野星(おきのあかり)さん(17)=燕市中島=は出場した女子カナディアンシングル500mと200mの2種目でいずれも5位入賞を果たした。分水高カヌー部で1人がインターハイ2種目で入賞したのは初めて。

分水高カヌー部初のインターハイで1人で2種目入賞を果たした沖野さん
分水高カヌー部初のインターハイで1人で2種目入賞を果たした沖野さん

カナディアンシングルは、シングルブレードパドルでこぐカナディアンカヌーで流れのない直線コースでいっせいにスタートするタイムレース。沖野さんは北信越大会で500mで優勝し、インターハイの500mと200mの2種目の出場権を獲得した。昨年も500mで8位入賞を果たしている。

22日、星野さんは賞状を持参して監督の鈴木敏郎顧問、分水高カヌー部ファンクラブの青柳修次会長とともに燕市役所を訪問し、鈴木力市長に成績を報告した。鈴木市長と青柳会長はインターハイ出場前にカヌー部の練習のようすを現地へ出向いて見学している。

左からカヌー部ファンクラブの青柳会長、鈴木監督、沖野さん、鈴木市長
左からカヌー部ファンクラブの青柳会長、鈴木監督、沖野さん、鈴木市長

沖野さんは「500mは頑張って上の選手についていって、200mは全力を出し切れなくてちょっと悔いが残っているが、トップの人についていけたので良かった」と話した。

監督の鈴木敏郎顧問は、「どこかでくじけて頑張れない子が多いなかで、本人が昨年度からこの1年間で頑張ってきた」と沖野さんの頑張りをほめ、「落ち着いて決勝へ行くと思った」と信頼していた。

鈴木市長は「秋に向けて中学生向けの高校の説明会があるので、ぜひ体験談を話して中学生が分水高校を受けるようにしてほしい」と期待。青柳会長は練習場所の環境が過酷なので改善されることを願った。

鈴木市長に成績を報告
鈴木市長に成績を報告

沖野さんは、「ほかに女子がいないので、男子の選手に近づけるように毎日、頑張った」と話し、日本代表選手の動画を見て取り入れられることを取り入れたことなどが今回の好成績に結びついたと振り返る。

次は10月に栃木県で開かれる国体で、インターハイと同じ女子カナディアンシングルの500mと200mに出場する。国体出場は初めてで、「8位以内の入賞を目標にしている」と設定している。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com