アゼルバイジャンでの三条凧合戦を三条市長に報告 (2022.8.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

日本とアゼルバイジャンの外交関係樹立30周年事業で7月23日、24日の2日間、アゼルバイジャンで新潟県三条市の伝統行事「三条凧(いか)合戦」を披露した三条凧協会は8月23日、三条市役所を訪れて滝沢亮三条市長にアゼルバイジャンでの活動を報告した。

左から3人目が滝沢市長、4人目が須藤三条凧協会会長
左から3人目が滝沢市長、4人目が須藤三条凧協会会長

日本とアゼルバイジャンが1992年に外交関係を樹立してちょうど30年のことしを「友好年」として、文化、経済、政治などのさまざまな分野で交流事業が行われており、アゼルバイジャンにある日本大使館からの招きで実現した。

揚げ師ら11人がアゼルバイジャンへ渡り、首都バグー市とランカラン市の2つの都市で凧合戦を披露したほか、地元の人たちから凧揚げを体験してもらったり、凧に寄せ書きしてもらったり、製作実演したりした。

アゼルバイジャンでの三条凧協会
アゼルバイジャンでの三条凧協会

23日は三条凧協会から参加した会長で須藤凧屋6代目の須藤謙一さん(55)ら4人の揚げ師が市役所を訪れ、バグー市は風が強いうえに風向きが変わりやすくて凧揚げが難しかったことや三条凧協会のはっぴや手ぬぐいがほしいと言われたこと、英語が通じず物価は日本より2、3割低く、日本語学校があったことに驚き、東洋人が珍しいのか、やたらと話しかけられたことなどを報告した。

アゼルバイジャンでの三条凧協会
アゼルバイジャンでの三条凧協会

須藤さんは「アゼルバイジャンの人は結構、日本に興味があり、もう土台はあるので、アゼルバイジャンからこちらへ来ていただける機会もつくっていただければ」と期待した。

滝沢市長は「皆さん無事に帰って来てよかった。今回も大活躍で、わたしも応援しています」とエールを送った。

滝沢市長にアゼルバイジャンでの活動を報告
滝沢市長にアゼルバイジャンでの活動を報告

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com