佐渡フェアのラスト2日間は佐渡から売り子がやって来て佐渡物産展も (2022.11.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県田上町の「道の駅たがみ」は27日まで佐渡フェア第3弾を開いており、最後の26、27日の2日間は佐渡物産展を開き、佐渡から売り子がやってきて佐渡の海産物やローカルフード、菓子などを販売している。

道の駅たがみ佐渡フェアのラスト2日間、開かれている佐渡物産展
道の駅たがみ佐渡フェアのラスト2日間、開かれている佐渡物産展

早助屋がいごねり、きさらぎ本店がブイヤベースやプリン、シーサイド・ファクトリーが魚の生ハム、キッチンカーのedge Sがフライドチキンなどを販売して、客を呼び込んでフェアの締めくくりを盛り上げる。佐渡フェアで毎回、道の駅たがみを訪れている早助屋の手配で実現する。

佐渡のおけさ柿で作った「あんぽ柿」(230g・1,000円)、佐渡産「ブリカマ」700円、シャキシャキ感がたまらない「岩もずく」(400g・750円)、肉の代わりに佐渡産サザエを使ったのが始まりとされる「サザエカレー」(650円)、「カキのクラムチャウダー」(1杯400円)など、食指が動く佐渡の味が満載だ。

道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展
道の駅たがみで開かれている佐渡物産展

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com