3日に蓮池透講演会で原発と拉致について (2022.12.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市を中心に活動する燕九条の会は、3日(土)午後1時半から燕市中央公民館で北朝鮮に拉致された蓮池薫さん(65)の兄で2005年まで家族会の事務局長・副代表を務めた蓮池透さん(67)を講師に講演会「当事者の私が見た原発問題と拉致問題」を開くので、来場を呼びかけている。

燕九条の会主催蓮池透さん講演会のちらし
燕九条の会主催蓮池透さん講演会のちらし

蓮池さんは家族会で活動するなかで政府の拉致問題の進め方に疑問を抱き、批判的意見をもつようになった。また、大学を卒業してから長く東京電力の原発関連事業に勤務し、その実体験をもとに東日本大震災時の福島原発事故以後、反原発運動の論客としても活躍している。

燕九条の会では、ぜひ蓮池さんの実体験に基づく話を聞いてほしいと来場を参加を呼びかけている。入場無料。問い合わせは代表の黒田玲さん(電話:0256-63-5004)へ。蓮池さんのプロフィルは次の通り。

  • 1955年 新潟県柏崎市生まれ
  • 1977年 東京理科大学理工学部電気工学科卒業後、東京電力入社
  • 2009年 東京電力退社(一貫して原子力関連業務に従事)
  • 1978年 北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄「北朝鮮による拉致?害家族連絡会(家族会)」事務局長などを歴任
  • 2016年 土木関連会社入社
  • 2018年 新潟県柏崎市へUターン
  • 2022年7月 参院選にれいわ新撰組から比例で立候補

■著書
『奪還引き裂かれた24年』(新潮社)、『奪還第二章 終わらざる闘い』(同)、『拉致 左右の垣根を超えた闘い〜』(かもがわ出版)、『私が愛した東京電力』(同)、『拉致(害者たちを見殺しにした安倍雪三と冷血な面々』(講談社)、『拉致と日本人』(岩波書店)、『告発』(ビジネス社)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com