下田「五百万石」と田上「越の梅」を使った梅酒が発売 福顔酒造に2つの道の駅が協力  (2022.12.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の蔵元、福顔酒造(小林章社長・林町1)に地元の2つの道の駅が原料となる酒米とウメの調達で手を組んで生まれた「福顔の梅酒」(500ml・税込み1,980円)を11月28日、発売した。

11月28日発売した「福顔の梅酒」
11月28日発売した「福顔の梅酒」

酒米は三条市下田地区で栽培される「五百万石」。ウメは田上町産のブランドウメ「越の梅」で、和歌山産の「南高梅」も使って1,500本を製造。すっきりした甘さと酸味を兼ね備え、日本酒が苦手な人にも飲みやすい梅酒に仕上がった。炭酸でもロックでもおいしく飲めると言う。

下田地区にある「道の駅 漢学の里しただ」は、福顔酒造の協力を得て交通不能国道「八十里越」の開通に向けて八十里越が結ぶ下田地区と福島県只見町の酒米でつくった日本酒「しただみ」を製造している。

「道の駅 ただみ」の馬場駅長(左)と下田郷開発の佐野部長
「道の駅 ただみ」の馬場駅長(左)と下田郷開発の佐野部長

小林社長が変わった梅酒をつくりたいと「道の駅 漢学の里しただ」を運営する下田郷開発の佐野英憲統括事業部長にもちかけた。佐野部長は田上のウメを使ってはどうかと逆提案し、「道の駅 ただみ」の馬場大輔駅長に声をかけて3者の思いが形になった。

3者それぞれで販売しているほか、4日まで燕三条地場産業振興センターで開かれている「燕三条じばさん感謝祭」でも販売しているほか、福顔酒造の取り引き先にも販路を広げている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com