新潟4区は238票差で菊田氏が国定氏に競り勝ち国定氏も比例復活 (2021.11.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

一騎打ちの激戦となった衆院選新潟4区は、わずか238票差が名案を分けた。7期目を目指した前職の立民・菊田真紀子氏(52)が三条市長を14年間務めた新人の自民・国定勇人氏(49)に競り勝ったが、国定氏の比例復活当選も決まり、結果的に2人とも当選した。

新潟4区一騎打ちは238票差で菊田氏が国定氏に競り勝つ
新潟4区一騎打ちは238票差で菊田氏が国定氏に競り勝つ

開票結果は菊田氏97,494票、国定氏97,256票。国定氏は三条市で菊田氏の23,689票を8,000票余り上回る31,765票を獲得したが、田上町を除く各市町の得票はすべて菊田氏を下回った。

テレビ各局の出口調査の結果はどれも国定氏が菊田氏を上回り、開票を待つ両陣営とも国定氏有利の雰囲気だった。国定陣営には早々に藤田明美加茂市長と佐野恒雄田上町長に続いて午後10時45分、滝沢亮三条市長と久住時男見附市長が訪れた。会場で4人の首長の紹介もあり、あとは国定氏の勝利宣言を待つだけといった様相になった。

国定陣営で開票を待つ左から佐野田上町、藤田加茂市長、久住見附市長、滝沢三条市長
国定陣営で開票を待つ左から佐野田上町、藤田加茂市長、久住見附市長、滝沢三条市長

状況が変わったのは午後11時27分、滝沢市長と久住市長が連れ立って退席した。菊田氏当確の情報が入っり、2人は菊田氏の陣営へ向かった。間もなく菊田氏の当確が伝えられ、その後、2人は再び国定陣営に戻った。

一方で開票前、菊田氏の国家公務員の夫が急死したことがわり、菊田氏が急きょ上京して菊田氏不在の陣営に菊田氏が電話で支持者に感謝の言葉を述べる異例の事態となった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com