産直の加茂桐箪笥まつり かんなの削り大会の優勝賞品は50万円の桐たんす (2021.11.4)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

日本最大の桐たんすの産地、新潟県加茂市の加茂桐箪笥(たんす)協同組合は、11月5(金)、6(土)、7(日)の3日間、加茂市産業センターで「第20回加茂桐箪笥まつり」を開き、桐たんすの産地直売をはじめ、優勝賞品に50万円相当の桐たんすを用意したかんなの削りの大会を開く。

「第20回加茂桐箪笥まつり」のポスター
「第20回加茂桐箪笥まつり」のポスター

加茂の桐たんすをPRする毎年恒例のイベント。100点を超す桐たんすの展示販売を行うとともに、古い桐たんすの修理や再生の相談にも職人が対応する。

第20回の節目となることしは、「ソーシャルディス“たんす”で今年もお願いします」をキャッチフレーズに、参加者に加茂桐たんすをを「見て、聞いて、感じて」というコンテンツを用意する。

なかでも目玉は、初めて企画した桐たんす職人の技術を実際に体験できる「みんなでカンナ削り大会」。5、6、7の3日間、5日は午後1時から、3時からの2回、6、7日はそれに加えて午前11時からの3回開き、各回5人が参加できる。

加茂桐たんす製造の重要な工程のかんながけ
加茂桐たんす製造の重要な工程のかんながけ

加茂桐たんすは70%がかんながけで作られると言うほど、かんながけは重要な工程だ。大会では、来場者に職人がかんながけのこつを指導し、実際に体験でき、優勝者には50万円相当の桐たんすをプレゼントする。日常的にかんなを使う人やプロを除く中学生以上を対象に3分間、かんな削りを行って削りかすの重さを競う。

5日はオープニングイベントを行い、藤田明美加茂市長や雪椿まつりアンバサダーの児玉あんずさんも参加。職人技のデモンストレーションとして加茂桐箪笥伝統工芸士会三本和好会長ら3人によるかんな削り大会で始まる。

さらに来場者には抽選で60人に桐まな板をプレゼントするなど、大盤振る舞いのイベントだ。また、土、日曜の6、7日は、桐たんすの工房を見て回ることができる桐たんす屋めぐりも行う。3日間とも午前10時から午後5時まで、入場無料。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com