日本天文遺産認定の大崎山からとらえた「ほぼ皆既月食」 (2021.11.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

19日夜、月の98%が隠れる「ほぼ皆既月食」があり、新潟県の県央地域でも雲に邪魔されずに天体ショーを見ることができた。

三条市グリーンスポーツセンターの鳥羽センター長が撮影した左が食分が最大となった19日午後6時半ごろの「ほぼ皆既月食」、右が月食後の満月
三条市グリーンスポーツセンターの鳥羽センター長が撮影した左が食分が最大となった19日午後6時2分の「ほぼ皆既月食」、右が月食後の満月

SNSには、月食を撮影した写真が次々と投稿された。1887年(明治20)に日本で初めて近代的日食観測が行われ、2020年に日本天文遺産に認定された三条市・大崎山からも撮影された。

撮影者は大崎山にある三条市グリーンスポーツセンターの鳥羽和明センター長。月が昇るころから最も食分が大きくなった午後6時ごろ、そして月が雲に隠れる午後7時半ごろまで部分食を撮影。その後、雨まで降ったが、深夜になって再び雲が切れ、美しい11月の満月「ビーバームーン」を撮影した。

鳥羽センター長はFacebookに一連の写真をアップし、「途中何回も雲に隠れましたが、これだけゆっくりと楽しめたから満足です。地球の影が落ちている部分が、肉眼でも赤く丸く見えて感動!美しい天体ショーでした」と投稿した。

日本で「ほぼ皆既月食」が見られたのは、1881年(明治14)以来140年ぶりで、次の「ほぼ皆既月食」は65年後の2086年11月21日になると言う。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com