大河津分水の大型ポスターを地元小学生が製作して県などに贈呈 (2021.12.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の市立島上小学校(大西聡子校長)4年生13人は、総合学習で学ぶ地元の大河津分水についてその恩恵を受けている地域の人たちから広く知ってもらおうと大河分水を紹介する大型ポスターを製作。7日、新潟県庁などに贈呈した。

大河津分水の大型ポスターを製作して県庁に贈呈した島上小学校4年生
大河津分水の大型ポスターを製作して県庁に贈呈した島上小学校4年生

ポスターはA0判を8枚をつなぎあわせたもので、縦2.4×横3.3メートル。壁に張ったら壁画のようになる大きなポスターで「未来をつくる大河分水と私たち」と題し、大河津分水の仕組みがわかるマップを描き、その上に4年生が1人1枚ずつ作成したA4判の紹介を張った。

紹介には、大河津分水が洪水から守っている越後平野でとれる農産物、交通網の発展、大河津分水の大改修の工事概要、未来の新潟の姿などを集めた情報や夢をまとめてある。

1896年(明治29)に大雨で信濃川が決壊して未曽有の水害をもたらした「横田切れ」は、島上小学校の学校区にある横田地内の堤防が切れた。そうした水害から越後平野を守ろうと生まれた大河津分水は来年で通水100周年を迎える。

加納河川管理課長に大型ポスターを手渡す4年生
加納河川管理課長に大型ポスターを手渡す4年生

4年生は総合学習で大河津分水を学習している。文化祭では大河津分水の歴史を伝える劇をつくって児童と保護者向けにYouTubeで公開した。ポスターもその一環。3部を作成して7日、4年生全員で県庁のほか北陸地方整備局、関屋分水資料館を訪れて贈呈し、施設見学も行った。

県庁では4人の4年生が、「多くの人たちから見てもらえる場所に紹介してもらえたらうれしい」と話して土木部河川管理課の加納行弘課長にポスターを手渡した。加納課長は「大河津分水や信濃川のことをふだんから勉強してもらったり、大切に思っていることが伝わった」とほめ、大勢の人に見てもらえるように見学ルートに掲示する話した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スパークメッセ開催 1月21日(金)三条商工会議所で
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com