三条市立大学で小中学生が科学実験に挑戦 (2021.12.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の三条市立大学(アハメド・シャハリアル学長)は11日、子どもたちから大学を身近に感じてもらおうと初めて「サイエンスフェスタ2021」を開き、約40人の地元三条市内の小中学生が参加して4つの科学実験に挑戦した。

「シャボン玉の科学」
「シャボン玉の科学」
「シャボン玉の科学」で作ったシャボン玉で遊ぶ
「シャボン玉の科学」で作ったシャボン玉で遊ぶ

「拡大してみて見よう」、「シャボン玉の科学」、「手作り!電気回路の不思議」、「ドミソで響くドアベルづくり」の4つ実験をお行い、それぞれ定員の10人前後が参加した。

「拡大して見てみよう」は、簡単に手に入る部品で顕微鏡を作ったり、いろいろなものを拡大して見たり。「シャボン玉の科学」ではグリセリンも使った大きくて割れにくいシャボン玉を調合した。

「手作り!電気回路の不思議」
「手作り!電気回路の不思議」

「手作り!電気回路の不思議」では、発光ダイオードに流れる電流と電圧を調べてオームの法則を検証。「ドミソで響くドアベルづくり」では十二平均律による音階を計算式から導いて3棒のドアベルを製作した。

「ドミソで響くドアベルづくり」
「ドミソで響くドアベルづくり」

講師は大学の先生や学生。学生はこの日のために新調した白衣を着て子どもたちの実験をサポートし、子どもたちも真剣な表情で実験に取り組んだ。

「シャボン玉の科学」では最後に外へ出てシャボン玉を飛ばした。予想以上に大きなシャボン玉に子どもたちを送迎した保護者も一緒になって遊び、今春、開学したばかりの大学に「こんな学校で勉強できる学生は幸せ」と地元にできた大学を喜んでいた。

「拡大してみて見よう」
「拡大してみて見よう」

来年1月29日にも同様の内容でもう一度、サイエンスフェスタを開く。まだ定員に余裕があり、参加申し込みは地域連携キャリアセンター(0256-47-5513)へ。参加無料。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スパークメッセ開催 1月21日(金)三条商工会議所で
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com