年越し寒波で再び雪景色で氷点下続く (2021.12.31)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

大みそかの31日から元日1月1日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、新潟県三条市では31日に入ってから正午までの気温は氷点下の厳しい寒さが続いている。

31日は再び雪景色に
31日は再び雪景色に

正午までの最高気温は−0.1度、最低は−1.6度。正午でも気温は−0.6度と氷の世界のままだ。前日30日は落雷により燕市や三条市では停電が発生し、雪やあられが降ったりやんだりしたが、夜遅くから本格的な雪に変わり、午前9時の積雪は8センチとなった。

新潟地方気象台の31日午前5時30分の発表では、新潟県では大雪や吹きだまりによる交通障害、農業施設などの被害や高波に警戒し、雪を伴った強風に注意、警戒を呼びかけた。

日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、北陸地方の上空約5000メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込んでいるため、県内は大気の状態が非常に不安定になっている。強い冬型の気圧配置は1月1日にかけて続く見込み。31日は山沿いに加えて平地でも警報級の大雪となる所がある。

31日午前6時から1月1日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、下越で平地30センチ、山沿い50センチ、中越で平地40センチ、山沿い80センチ、上越で平地40センチ、山沿い80センチ、佐渡で10センチ。予想よりも寒気が強まった場合は、1月1日にかけて警報級の大雪が続く可能性がある。

1日の新潟の予報は風雪強く、予想される最高気温は2度、最低気温は−2度。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スパークメッセ開催 1月21日(金)三条商工会議所で
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com