還暦から数えてはたちの熟年成人式 (2022.1.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「成人の日」の10日、新潟県燕市の吉田地区老人クラブ連合会(堀裕恒会長)は「シニアセンターよしだ」で恒例の熟年成人式を行い、還暦の60歳で生まれ変わってから20年の「傘寿(さんじゅ)」でもある80歳を迎えた会員の長寿を祝った。

吉田地区老人クラブ連合会主催の熟年成人式
吉田地区老人クラブ連合会主催の熟年成人式

成人式がなかった時代に生まれた人たちから、還暦で年齢をいったんゼロにして新たに20年のはたちを迎えた人にあらためて成人式をと毎年、「成人の日」に開いており、ことしで27回目。前回は新型コロナウイルスの感染拡大のため3月に遅らせた。今回は前回に続いて祝宴やアトラクションを中止した。

今回は1941年(昭和16)4月2日から翌42年4月1日まで生まれた会員、男13人、女28人の41人がスーツや和服の胸に紅白のリボンを付けて出席した。堀会長は式辞で「時代を乗り越えてきた皆さまからお知恵、お力をお借りして、吉老連や各単位倶楽部の活動を活性化させていきたいので、老人クラブ活動に引き続き参加いただき協力を」と述べた。

熟年成人者代表の言葉を述べる若葉会の土田さん
熟年成人者代表の言葉を述べる若葉会の土田さん

来賓祝辞で鈴木力燕市長は、対象者が20歳の当時に『銀座の恋の物語』や『上を向いて歩こう』が流行したことを紹介。『上を向いて歩こう』について「この歌に込められた歌詞は、今まさにわれわれコロナで非常に苦しい状況だが、上を向いて皆さんとともしっかり歩いて行ければと思う」と話した。

熟年成人者代表で若葉会の土田ミツイさんは、小学校に通う冬の日に、風に飛ばされないように当時、木橋だった燕橋の思い出などを話し、「今後も健康に留意し、吉老連の一員としてお役に立てればと願っている」と述べた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スパークメッセ開催 1月21日(金)三条商工会議所で
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com