交番に匿名でガムボトルに入った1万円の寄付 (2022.1.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

交通事故防止に使ってほしいと10日、新潟県燕市の県警燕署分水交番に硬貨で約1万円の匿名の寄付があった。

分水交番に届いた寄付の硬貨と「交通事故防止のために使ってください」と印刷されたメッセージ、入れてあったガムボトル
分水交番に届いた寄付の硬貨と「交通事故防止のために使ってください」と印刷されたメッセージ、入れてあったガムボトル

交番勤務の職員が交通事故処理のため、10日午後1時から1時40分まで交番を不在にしている間に、交番入り口の左側に燕署直通の呼び出し電話機を格納するアウトドアフォンボックスが設置してあり、その中にプラスチックのガムボトルが入っていた。

アウトドアフォンボックスの扉は透明のプラスチックで中が見えるため、交番に戻ってすぐにガムボトルに気づいた。中身を確認すると硬貨で500円6枚、100円51枚、50円18枚、10円88枚、5円2枚、1円50枚の計9,940円が入っていて、上に「交通事故防止のために使ってください」と印刷された細長い紙が載せてあった。

寄付の届いた分水交番
寄付の届いた分水交番

地元の人の寄付と思われることから、燕署では寄付の趣旨にそって燕市交通安全協会に寄付して交通事故防止に役立ててもらうことにした。分水交番でこうした寄付は今回が初めて。

燕署の渡辺署長の前任地は、旧佐渡東署だったが、佐渡市では毎年、交番に「月光仮面」を名乗る匿名の寄付がある。渡辺署長は「交通事故防止に関して温かい心をもった人だと思い、本当にありがたく思っている。しからるべくところに寄付して、しっかり役立てられるようにしていきたい」と匿名の善意に感謝した。

入り口の左のアウトドアフォンボックス内にガムボトルが入っていた

入り口の左のアウトドアフォンボックス内にガムボトルが入っていた


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スパークメッセ開催 1月21日(金)三条商工会議所で
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com