燕市内への新入社員の歓迎会 留学先で出会った燕製品に魅せられた兵庫出身者も (2022.4.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市と市内の商工団体や業界団体は8日、燕市吉田産業会館で令和4年新規学卒就職者歓迎会を開き、市内の事業所に新卒で就職した27事業者の119人を歓迎し、激励した。

令和4年新規学卒就職者歓迎会
令和4年新規学卒就職者歓迎会

市内に就職した新規学卒者を行政、業界をあげて激励し、あわせて研修の場にもなればと毎年、歓迎会を開いている。スーツやユニホームで出席した新入社員は少し緊張した表情だった。

歓迎の言葉で燕市の鈴木力市長は「燕市の産業を支えてくれる皆さんの活躍に大いに期待する」、燕商工会議所の田野隆夫会頭は「失敗は非常に身に付く。いろんな挑戦をして糧のしてほしい」、来賓祝辞で桜井甚一県議は「挫折をひとつひとつ乗り越えることで一歩一歩、社会人として大きく成長する」とそれぞれエールを贈った。

新入社員代表で屋根用建築金具メーカーのスワロー工業株式会社に就職した皆川純一さん(24)は「これから何かとご面倒をおかけすることも多々あると思うが、失敗を恐れず若さとチャレンジ精神で全力でぶつかっていきたい」と謝辞を述べた。

新入社員代表で謝辞を述べる皆川さん
新入社員代表で謝辞を述べる皆川さん

皆川さんは兵庫県出身。神戸芸術工科大学でプロダクトデザインを専攻した。2年間、休学して海外留学したときにキッチン用品を探していてオーストラリトアとオーストリアで燕製品に出会い、日本の金属加工技術の高さに驚き、燕三条にたどり着いた。

燕三条はアウトドア用品の聖地とも言われ、アウトドア用品を開発したいと思った。スワロー工業は2年前にアウトドアブランドを立ち上げたばかり。アウトドアの有名メーカーよりも「いちから自分が携わってブランドを構築したい」とあえてアウトドア用品の歴史が浅いスワロー工業を就職先に選んだ。

皆川さんは「企業が挑戦する人を応援してくれる環境があり、海外での経験を生かしてくれる。開発だけでなく販売も含めアウトドア事業に経験を生かしたい」と目を輝かせていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com