神明宮で1年ぶりに春祭りの神楽を舞う (2022.4.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市神明町、神明宮(三上行雄宮司)で28日(木)を宵宮、29日(金・祝)を本祭に春季大祭が開かれており、1年ぶりの神楽奉納で華やかさを取り戻している。

神明宮春季大祭宵宮の神楽奉納
神明宮春季大祭宵宮の神楽奉納

春季大祭と秋季大祭の年2回、神楽が奉納されている。新型コロナウイルスの感染防止のため昨年の秋季大祭は神楽を中止し、1年ぶりの奉納。県指定無形民俗文化財「三条神楽」を保存する神明宮伶人会(笹川浩志会長)が28日は午後7時から神事に続いて1回、29日は午後2時からと7時からの2回、神楽を舞う。

28日は日中は晴れ、夜になると肌寒かったが、拝殿の隣りに仮設された舞殿で稚児による舞で始まる神楽を戸を開け放った拝殿からのんびりと鑑賞していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com