この夏も大崎山にやって来たサンコウチョウを撮影 (2022.6.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の大崎山へことしも夏鳥のサンコウチョウがやって来た。大崎山中腹にある三条市グリーンスポーツセンターの鳥羽和明センター長(48)は8日、初めてのその姿をカメラでとらえた。

鳥羽さんが8日に大崎山で撮影したサンコウチョウ(トリミングなし)
鳥羽さんが8日に大崎山で撮影したサンコウチョウ(トリミングなし)

サンコウチョウは夏に日本に渡来する。目の周りに鮮やかな水色のアイリングがあるのが大きな特徴。オスの尾羽は体調の3倍ほどもあり、鳥羽さんが撮影したのはオスとわかる。

体に似合わない大きな鳴き声が「ツキ(月)ヒー(日)ホシ(星)、ホイホイホイ」と聞こえることから「三光鳥」と呼ばれる。

「この夏は夏鳥のサンコウチョウとアカショウビンのどっちかを撮りたいと思っていた」と鳥羽さん。数年前にバードウォッチャーからサンコウチョウを教えられてその存在を知った。それからサンコウチョウの鳴き声は今までも何度か聞いていて、ここ1カ月は何度も聞くことができた。

1カ月ほど前に鳴き声に気付いて初めてサンコウチョウを目撃した。2年前の11月に超望遠のコンバクトデジタルカメラを買ってから大崎山で野鳥を撮影しているが、間に合わせずにピンぼけ写真ていどしか撮れなかった。

今回は1分間近く枝に止まっていたサンコウチョウの撮影に成功。しかも何も邪魔されずにサンコウチョウの全身を撮影できた。「あこがれていたので、久しぶりにどきどき興奮しました」と鳥羽さん。「一発目にしては枝かぶりもなく、その割には良く撮れたと思う。しかも振り返ってくれて」と結果に大満足だ。

「次はアカショウビンですね」と鳥羽さん。アカショウビンはカワセミの仲間で、赤い羽毛をまとう。葉が生い茂る今はバードウォッチングに適さない季節だが、「姿は見えなくても声を聞いているだけでもいやされるので、ぜひ大崎山は野鳥の声を聞きにきてほしい」と話している。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com