三条市負担ゼロで県内初のスマホアプリを使った生理用ナプキン無料提供サービスを導入 (2022.7.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市は、スマホアプリを使った生理用ナプキン無料提供サービスを県内で初めて導入し、24日にオープンする図書館等複合施設「まちやま」のトイレに設置し、費用負担ゼロで必要な人が必要なときに生理用ナプキンを手にできる環境を整備する。

オイテルの生理用ナプキン無料提供サービスに使われるディスペンサーと生理用ナプキン(オイテルのホームページより)
オイテルの生理用ナプキン無料提供サービスに使われるディスペンサーと生理用ナプキン(オイテルのホームページより)

オイテル株式会社(小村大一社長・東京都港区虎ノ門4)が提供するサービスを利用する。個室トイレ内の壁に生理用ナプキンが出てくる幅と高さが約30センチ、奥行き13センチのディスペンサーを設置。スマホアプリ「OiTr」をダウンロードして操作すると、生理用ナプキン1枚が出てくる。1回目は登録不要だが、2回目からはメールアドレスなどの登録が必要になる。

ディスペンサーには生理用ナプキン52枚が入り、前面にはディスプレーがあり、ここにターゲティング広告が表示される。いわゆるデジタルサイネージで、オイテルはその広告収入を得ることで、生理用ナプキンの購入に費用から設置費用、ランニングコストなどすべてをオイテルが負担するため、三条市の負担はゼロになる。

スマホアプリ「OiTr」の画面
スマホアプリ「OiTr」の画面

ただ、ナプキンの配送料は当面は無料だが、いずれも負担する必要があるかもしれない。このディスペンサーを「まちやま」のオープンまでに館内のトイレに6台を設置する。オイテルのホームページによると12日現在、全国で147施設に1,947台が設置されている。

生理に伴う負担軽減を図り、経済格差やジェンダーギャップの解消を図ろうと設置するもの。県内でも自治体で生理用ナプキンを購入して施設に配置して自由に持ち帰ってもらう形で無料提供しているところはあるようだが、機器を常備して無料提供する日本初のオイテルのサービスの導入は、県内では三条市が初めて。これに伴い、15日に三条市とオイテルで協定締結式を行う。

関連リンク
  • OiTr(新しいウィンドウで開く)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
8/27・28 阪神vs巨人 三条パール金属スタジアム
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com