2日間をぎゅっと1日に凝縮して吉田まつり (2022.7.24)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市吉田地区の夏まつり「第63回吉田まつり」が23日、3年ぶりに開かれた。これまでの2日間から1日だけに凝縮し、参加者も大きく減ったが、それでもようやく開催できた夏まつりを楽しんだ。

第63回吉田まつりの民謡流し
第63回吉田まつりの民謡流し

これまで吉田まつりは吉田諏訪神社の例大祭に合わせて夜を中心に1日目は吉田民謡流し、2日目は踊りと山車巡行を中心に行われてきた。それらをことしは1日で行った。

粟生津山車保存会
粟生津山車保存会

メーン会場のJR吉田駅の駅前広場に町内の11の山車が集結。夜は午後7時から4団体が踊りを披露し、吉田太鼓龍神会が和太鼓演奏を披露。続いて吉田民謡流しで「吉田ばやし」、「吉田繁盛ぶし」、「吉田甚句」を踊り流し、竿燈(かんとう)も披露された。

流石会
流石会

民謡踊り流しは例年、約2000人もの参加がある。ことしの参加は12団体から400人が参加の申し込みがあったが、直前になって4団体が参加を見合わせたため、参加は約280人にとどまった。

祥北おどり隊
祥北おどり隊

踊りの輪もこれまでは通りも使って双方向に回遊する形だったが、ことしは通りを使わず、駅前広場で輪をつくって回った。

吉田太鼓龍神会
吉田太鼓龍神会

吉田諏訪神社の例大祭に伴う露店の出店もいつもより10店ほど少ない16店にとどまった。人出もいつもの数分の1といったレベルで少なく、見劣りするのは仕方なかったが、それ以上に関係者も市民も夏まつりが開かれたことを喜び、盛り上がっていた。

民謡踊り流し
民謡踊り流し

通りには露店とこども絵灯籠が並んだ
通りには露店とこども絵灯籠が並んだ

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
8/27・28 阪神vs巨人 三条パール金属スタジアム
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com