初めての三条こども凧合戦で330年の伝統を次代へつなげ (2022.9.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市で330年にわたって受け継がれてきた三条凧(いか)合戦の伝統を次代の子どもたちに伝えていこうと三条凧協会(須藤謙一会長)は25日開いた秋の凧合戦で初めての三条こども凧合戦を行い、20人ほどの子どもたちが参加して青空に舞い上がる凧の糸を引く快感を味わった。

秋の凧合戦で初めてのこども凧合戦
秋の凧合戦で初めてのこども凧合戦

毎年6月の第1土、日曜に開いている三条凧合戦に対して秋の凧合戦は若手や新人の育成を主眼とした合戦で、いわば新人戦。20の凧組が参加して対戦した。

一昨年、昨年は新型コロナウイルス感染の影響で中止したが、秋は天気に恵まれず、ことしは6年ぶりくらいの久しぶりの開催になった。

こども凧合戦に用意した凧は、一般の凧合戦に使われるものより一回り小さい縦約1.65メートルの20枚ドと呼ばれる大きさの三条六角巻凧。それぞれ巌流島の戦いの宮本武蔵、佐々木小次郎の武者絵を描いた2枚を用意して対戦した。

参加した小学生以下の子どもたちは、凧揚げが初めての子もいれば、学校の凧揚げで経験した子も。ちょうどいい強さの風も吹き、ベテラン揚げ師の手ほどきで、秋晴れの青空高く舞い上がった。

須藤会長は「後継者育成で新たな一歩を進めたのは良かった。こども凧合戦を恒例にしてひとりでもふたりでも、高校生も含めてかかわる人が増えてくれればいい」と子どもたちが生き生きと凧揚げする姿を頼もしく見ていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com