3年ぶりのスワローズカップ少年野球交流大会 燕市代表は5年ぶり優勝を目指す (2022.11.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市を含む4都市の少年野球チームが対戦する3年ぶりの「東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会」が12日、スポーツランド燕で開幕した。

左からつば九郎、鈴木市長、山崎外野手、太田内野手
左からつば九郎、鈴木市長、山崎外野手、太田内野手

スワローズとコラボレーション事業を進める燕市と、スワローズのキャンプ地になっている愛媛県松山市、沖縄県浦添市、宮崎県西都市の4都市から代表1チームずつが出場して毎年、会場を持ち回りで開かれている。

新型コロナウイルス感染症の影響で2年続けて中止になり、3年ぶりの開催となる第10回大会。燕市は予選大会を開き、優勝した吉田地区の南小スターズが出場し、ほかの3都市は選抜選手で編成する代表チームが出場している。

燕市代表の南小スターズ
燕市代表の南小スターズ
西都市代表チーム
西都市代表チーム

13日まで2日間の日程で、12日は燕市と西都市、松山市と浦添市がそれぞれ対戦し、13日はそれぞれの勝ったチームで決勝戦、負けたチームで3位決定戦を行う。

午後3時半から全チームそろっての開会式に先立って、1時半から開始式を行って先に燕市と西都市の試合を行った。

鈴木市長が始球式
鈴木市長が始球式

スワローズから衣笠剛球団社長とスワローズのマスコットキャラクター「つば九郎」、山崎晃大朗外野手と太田賢吾内野手も来燕。開始式で鈴木力燕市長があいさつ、始球式を行って幕を開けた。

スポーツの秋にふさわしい汗ばむような絶好の秋晴れに恵まれた。南小スターズは5年ぶり監督は「令和4年度の集大成ということで頑張っていこう!」と選手に発破をかけ、選手も円陣を組んで「最後まで笑顔で頑張ろう!」と気勢を上げていた。

燕市代表対西都市代表戦
燕市代表対西都市代表戦

燕市代表は1度、第5回大会で燕南野球スポーツ少年団が優勝しており、南小スターズは5年ぶりの燕市優勝を目指す。また、13日の閉会式終了後は4チームの選手が燕市産業史料館で「タンブラー鎚目入れ」を体験する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」

外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com