県央地域に今季初の大雪警報で大雪が降り続く (2022.12.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

18日の新潟県県央地域は17日からの雨が雪に変わってほぼ休むことなく雪が降り続き、市街地でも外にとめたままの車の屋根には30cmも雪が積もるほどの大雪に見舞われた。新潟地方気象台は18日午後4時2分に県内の中越地方を中心に大雪警報を発表し、県央地域では三条市と加茂市に発表した。

竹やぶが道路上に倒れ込む三条市上須頃地内の中ノ口川右岸堤防道路
竹やぶが道路上に倒れ込む三条市上須頃地内の中ノ口川右岸堤防道路

最高気温は未明の5.0度。日中はそれより気温が低く1度前後の厳しい寒さが続き、午後6時過ぎには-0.1度まで下がる氷点下となった。

午後3時の1時間に4.0ミリの降水量を記録したのを最高に夕方はこれ以上ないというほど強い降り方になり、道路にもどんどん雪が積もって幹線道路でも圧雪になった。

三条市上須頃地内に中ノ口川右岸の堤防道路は、毎冬のことながら道路脇の竹やぶが雪の重さで道路上に覆いかぶさり、場所によっては乗用車でもルーフがこするほど倒れかかっていてまるでアトラクションのようになっていた。

新潟地方気象台の18日午後5時の発表では、新潟県内は下越では19日昼前にかけて、中越では18日夜のはじめごろから19日夕方にかけて大雪による交通障害に警戒し、佐渡では19日明け方にかけて高波に注意、警戒を呼びかけた。

これ以上ないというくらい激しく降る雪
これ以上ないというくらい激しく降る雪

19日にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となる。北陸地方の上空約1500メートルに−9度以下の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込み。

下越の山沿いでは19日昼前にかけて、中越の山沿いでは18日夜のはじめごろから19日夕方にかけて警報級の大雪となり、同じ所に雪雲がかかり続けた場合には、上越の山沿いや中越の平地でも警報級の大雪となるおそれがある。

18日午後6時から19日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、下越で平地40センチ、山沿い80センチ、中越で平地60センチ、山沿い100センチ、上越で平地40センチ、山沿い80センチ、佐渡で20センチ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com