燕西小4年生2人がキックボクシング県大会で優勝 (2022.12.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

11月27日にに長岡市で開かれた新潟県キックボクシング大会「DLPN(ドルフィン)ジュニアトーナメント2022」で、総合型スポーツ道場「SPORTS DOJO KAGAYAKI(スポーツ道場かがやき)」(伊達皇輝代表・燕市吉田法花堂)所属の燕市立燕西小学校4年生2人が優勝。21日、鈴木力燕市長を訪問し、優勝を報告した。

35kg級で優勝の鈴木さん(左)と30kgで優勝の永井さん
35kg級で優勝の鈴木さん(左)と30kgで優勝の永井さん

永井直大さんが30kg級、鈴木悠仁さんが35kg級で優勝

小学校3、4年生のクラスで、燕西小4年の永井直大(ながい なお)さん(10)が30kg級、鈴木悠仁(すずき ゆうと)さん(10)が35kg級でそれぞれ優勝した。2人とも来年5月に開かれる。新空手道連盟主催の全国大会に新潟県代表で出場予定だ。

どちらの階級も県内から選抜された選手4人によるトーナメントで競った。永井さんは日本チャンピオンになった選手と準決勝で対戦。大方の予想を裏切り小差で判定勝ちしている。

シャドーボクシングを披露する2人
シャドーボクシングを披露する2人

永井さんは「相手の打撃がよく見えた。ちょっと不安だったけど勝つことができた」と冷静に振り返り、全国大会では「相手のパンチをよく見て慌てないで戦いたい」と話した。

鈴木さんは「最初の相手は弱かった。決勝の相手は3回くらい戦って全部、勝っていたので、勝つ自信があった」ときっぱり。全国大会に向け「スパーリングとシャドーをしっかりやって強くなりたい」と意欲的だ。

来年5月の全国大会での活躍に期待

2人はトロフィーを手に試合のユニホームを着て鈴木市長を訪問し、シャドーボクシングも披露した。鈴木市長はいずれは世界チャンピオンにと2人にエールを送った。

左から小林教育長、鈴木さん、永井さん、鈴木市長
左から小林教育長、鈴木さん、永井さん、鈴木市長

「SPORTS DOJO KAGAYAKI」では近年、この大会の優勝から遠ざかっていた。大会は小学生から高校生まで100人以上が出場したが、今回の「SPORTS DOJO KAGAYAKI」からの出場はこの2人だけで、2人とも優勝に輝いた。

「SPORTS DOJO KAGAYAKI」代表の伊達皇輝さん(48)は、「30年近くこの業界にかかわっているが、2人ともセンスがあり、努力している。保護者の力も大きく、いいところにいけると思っている」と成果に期待している。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com