弥彦村図書館「らいわ弥彦」のシンボルマーク決まる (2022.12.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

来年6月にオープンする新潟県弥彦村の図書館「らいわ弥彦」のシンボルマークがこのほど決まった。

2023年6月オープンの弥彦村の図書館「らいわ弥彦」のシンボルマークに決まった作品
2023年6月オープンの弥彦村の図書館「らいわ弥彦」のシンボルマークに決まった作品

シンボルマークは公募し、村内外から71件の応募があった。そのなかから新潟市在住の会社員志田美沙都(しだ みさと)さん(22)の作品に決めた。

志田さんの作品は、本を読んで心が動かされたときの「わぁ!」という表情を図書館の名称の「ら」、「い」、「わ」の3文字を組み合わせて表現した。

選考会議での選考理由は、「らいわ」の文字でつくられた親しみやすく独自性のあるキャラクター、想像力がかき立てられるデザイン、年齢不詳のかわいらしさに好感でキュートさがあいされる存在になりそうなどをあげた。

志田さんは図書館のオープニングイベントに招待し、賞金10万円を贈るほか、1年間の本棚オーナーの権利、本のリクエスト100冊分の特典がある。

図書館は村役場庁舎の一部と中庭、ウッドデッキを活用し、村民が集い学ぶ新しい地域交流拠点を目指す。村民に親しまれ、愛される図書館になればとシンボルマークを公募したもので、名称「らいわ弥彦」も公募して決めた。志田さんのコメントは次の通り。

■志田さんのコメント

感動、面白い、驚き、納得、本を読んで心が動かされた時の「わぁ!」という表情をら・い・わ の文字を使って表現しています。“なんだか本を読むのって楽しそう!”“一体どんな本を読んでいるんだろう?”そんなワクワクを感じて頂き、本を読むことへの関心が高まるようなロゴマークを目指しました。幅広い年代の方に受け入れてもらえたらと思い、親しみやすいキャラクターのデザインになっています。「ら」と「い」で出来た顔は様々な表情展開も可能です。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com