五穀豊穣と除災招福を祈りを込めた百本の矢を射る (2023.1.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

弥彦神社の弓始神事で百射の儀

新潟県弥彦村の越後一宮「弥彦神社」で正月7日、五穀豊穣と除災招福を祈る恒例の年中行事、弓始(ゆみはじめ)神事が行われ、祈りを込めて100本の矢を放っている。

弥彦神社弓始め神事の百射の儀
弥彦神社弓始め神事の百射の儀

伊夜日子大神が武勇に秀でたことにちなむ行事。午前9時から拝殿で祭典神事を行い、神前に七草の粥(かゆ)など供物を献じ、天地四方に向けて弓太郎と弓次郎が「ビン、ビン」と弓を鳴らす鳴弦(めいげん)の式を行った。

百射の儀を始める前に並んで拝礼
百射の儀を始める前に並んで拝礼

雪が舞う中で的をねらって百本の矢を放つ

続いて拝殿わきに設けた射場で百射(ひゃくしゃ)の儀が行われている。45メートル先の的をねらって神職などが2人ずつ合わせて100本の矢を放つ。的に命中すると「あたーりー!」の大きな声が響き渡り、射手は棒を刺して立てる。

厳しい目で的をねらう
厳しい目で的をねらう

前日は「寒の入り」の「小寒」。神事が行われている間は時折、本格的な雪が降り、風はなかったが厳しい冷え込みだ。

例年以上に多い参拝客
例年以上に多い参拝客

ことしは土曜に当たって平日の年と比べて参拝客が多く、射場の両脇には見物客カメラマンが並んだ。的に当たるとどすんという想像以上に重い音や、なかなか抜くことができないほど深く刺さった矢の迫力に驚いて見入っている。このあとは午後1時から一般奉射が行われる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com