つば九郎の代打、真中満元監督でスワローズ・ライスファーム田植え (2023.5.13)

取材依頼・情報提供はこちら

プロ野球・東京ヤクルトスワローズと交流連携事業を続ける新潟県燕市は13日、ことしも「スワローズ・ライスファーム田植え」でスタート。元スワローズ監督の真中満さん(52)が来燕し、田植えや講演を行った。

田植えに挑戦する元スワローズ監督の真中満さん
田植えに挑戦する元スワローズ監督の真中満さん

本来はスワローズのマスコットキャラクター「つば九郎」が田植えに参加するが、今回は都合がつかなったかったため、真中さんが代打に。市役所南側の田んぼで県外からも訪れた約60人の参加者と一緒に田植えした。

鈴木力市長は開会のあいさつで、ことしは燕市とつば九郎がコラボレーションした「つば九郎米」の発売からちょうど10年の記念の年と紹介し、「秋の稲刈りには来てもらえるように調整ししている」、できた米でスワローズの3連覇、日本一奪還につながるよう「気合いを入れて田植えをしてもらいたい」と話した。

一般参加のスワローズファンも田植え
一般参加のスワローズファンも田植え

腰やひざを痛めている真中さんは「僕が田植えできるということで、あまりうれしくないが精いっぱい、皆さんと田植えを頑張っていきたい」と笑わせた。

田植えは田んぼに入って苗をさして手植えした。最初に鈴木市長と真中さんが先に田植え始めをしてから一般の参加者が続いた。真中さんの背中でファンは「打てよ」を「植えろ」に代えて真中選手の現役時代の応援歌を「植えろ〜真中走れ〜♪」と歌い、真中さんは真中さんは「植えない、植えない!」。

開会式の真中さん
開会式の真中さん

さらに「植えろ、植えろ、真中!」に、真中さんは「逃げろ、逃げろ、真中!」と田んぼから引き上げ、「こんなもんなの?昔の人は大変だったんだ」と田植えの体への負担の大きさを身をもって感じていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
道の駅 良寛の里 和島
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com