28日に三条バラ愛好会が4年ぶりのバラ展 (2023.5.27)

取材依頼・情報提供はこちら

三条市を中心にバラ愛好者21人でつくる「三条バラ愛好会」は28日、「道の駅 庭園の郷 保内」(三条市下保内)で4年ぶりとなる「バラ展」を開き、会員が丹精込めて花を咲かせたバラ約120鉢を展覧する。

展示作業の終わったバラ展会場
展示作業の終わったバラ展会場

当初は三条市春と秋の年2回開いたが、オープンに合わせて「道の駅 庭園の郷 保内」に会場を移し、秋は花が少ないので春だけの開催とし、今回で22回を数える。前日28日は1日がかりで展示作業をした。

ことしは開花が早く、花が終わった品種も多いが、定番品種のきれいなピンクの花を咲かせる「ピエール・ド・ロンサール」や珍しい緑色の花、接木にしたスタンダード、アンサンブルなど色や形、仕立てがさざまなバラが並ぶ。

会員は三条市のほかに燕市、田上町、新潟市秋葉区の愛好者で、60代、70代が中心。これまでは会期を2日間にしていたが、会員が高齢者してひさしぶりの開催でもあり、今回は肩慣らしに1日だけの開催にした。

代表の山井さん
代表の山井さん

代表の三条市の山井昭子さん(71)は、「皆さん、気力がっあっても体力が追いつかない」と笑う。「腰が痛い、肩が痛いと言いながら続けてるのは、バラが好き以外の何ものでもないでしょうかね」と話し、大勢の来場を待っている。午前9時から午後3時半まで、無料で観賞できる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


創立110周年記念 県立県央工業高校同窓会 10月27日(金)
道の駅 良寛の里 和島
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com