能登半島地震の被災者支援で燕市が3連休の6日から8日まで臨時相談窓口を開設 修繕費用の一部補助を予定 (2024.1.5)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県燕市は、能登半島地震で被災した市民を支援するため、6日(土)から8日(祝・月)までの3連休に、市役所つばめホールに臨時相談窓口を開設し、り災証明書などの申請受け付けなどを行う。

燕市内で倒れた石灯ろう
燕市内で倒れた石灯ろう

り災証明書と被災届出証明書の申請受け付けからブルーシート配布、業者あっせんも

3日間とも午前9時から午後5時まで開設し、 災害に関する相談全般や、り災証明書と被災届出証明書の申請受け付けを行う。9日(火)以降も市役所防災課で相談を受け付ける。

また、破損した瓦やブロック塀などのがれきの受け入れや、住家に被害を受け、応急措置を必要としている市民にルーシートの配付も行う。

被災住宅の修繕やブロック塀の撤去は、臨時相談窓口以外でも燕市建設業協同組合、西蒲原燕建築組合連合会で業者をあっせんしている。市ではブロック塀の撤去や瓦、屋根の修繕などにかかる費用の一部補助を予定している。臨時相談窓口の概要は次の通り。

【地震被害の臨時相談窓口の概要】(燕市より)

1.開設日 1 月 6 日(土)〜8 日(祝・月)午前 9 時〜午後 5 時

2.場 所 燕市役所 1 階 つばめホール
※1 月 9 日(火)以降は、市役所防災課で相談を受け付けます

3.お受けする相談内容等

  1. 災害に関する相談全般
  2. 罹災証明書および被災届出証明書の申請受付
    ・罹災証明書は、後日、市による認定調査が必要です(後日発行)
    ・被災届出証明書は、状況写真(スマホ画面可)が必要です(当日発行)
  3. 住家に被害を受け応急措置を必要とする市民の方にブルーシートの配付
    ・状況写真(スマホ画面可)が必要です

4.当日の問合せ 電話:0256-77-8103、0256-77-8705

【瓦やブロック塀などのがれきの受入について】

被災届出証明書を持参のうえ、臨時相談窓口(9 日以降は、生活環境課)にて受付後、 指定の収集場所に自身で持ち込んでください。

運搬費用は自己負担で、家具やガラス類などは通常の捨て方となります。

【ブロック塀撤去や被災住宅の修繕などの相談について】

1.ブロック塀の撤去に関する相談先...燕市建設業協同組合

2.被災住宅の修繕に関する相談先...西蒲原燕建築組合連合会
※業者の斡旋を行っています。費用等もご相談いただけます。

なお、ブロック塀の撤去や瓦、屋根の修繕などにかかる費用の一部補助を予定しています。撤去・修繕する前の被害状況が分かる写真や領収書などを残しておいてください。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com