別府大分毎日マラソン大会で初マラソンの燕市出身・岸本大紀選手が3位に(2024.2.5)

取材依頼・情報提供はこちら

4日開かれた第72回別府大分毎日マラソン大会で、新潟県燕市出身で燕市スポーツ大使の岸本大紀選手(23)=GMOインターネットグループ=が初めてのマラソン挑戦で2時間8分38秒で3位に輝いた。

昨年8月23日の燕市スポーツ大使就任式のときの岸本選手
昨年8月23日の燕市スポーツ大使就任式のときの岸本選手

優勝はエチオピア出身のワークナー・デレセ選手=ひらまつ病院=で2時間7分58秒、2位は岸本選手と所属チームが同じで青山学院大学でも先輩だった下田裕太選手=GMOインターネットグループ=で2時間8分24秒だった。

岸本選手は燕市分水地区出身で三条高校から青山学院大学へ進んだ。2020年、22年の箱根駅伝での青山学院大学の総合優勝に貢献して、区間賞を獲得するなど鮮烈な走りを見せた。


昨春から大学を卒業してGMOインターネットグループに所属。ことし元日のニューイヤー駅伝では区間16位とふるわなかったが、今回の初マラソンでそれを補って余りある輝かしい実績を残した。

岸本選手は昨年8月23日に燕市スポーツ大使に就任。ことし4月6日に燕市で開かれる燕さくらマラソン大会でゲストランナーを務めることになっている。

鈴木力燕市長など、岸本選手のマラソンでの五輪出場を夢見るファンは多く、その期待感がさらに増す好成績だった。

関連リンク
  • 別府大分毎日マラソン大会(新しいウィンドウで開く)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
道の駅 良寛の里 和島
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com