神明宮春季大祭に向けて毎夜の奉納神楽のけいこ (2024.4.27)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県三条市神明町の神明宮(三上行雄宮司)で28日(日)を宵宮、29日(月・祝)を本祭に行われる春季例大祭に向けて毎晩、奉納神楽のけいこが行われている。

舞殿で神楽の練習をする稚児
舞殿で神楽の練習をする稚児

三条市内の6社に伝わる32舞の神楽は、まとめて「三条神楽」として1963年(昭和38)新潟県指定民俗文化財となっている。6社のうち最も多い舞を伝承する神明宮は中心的な存在だ。

神楽を舞うのは一ノ木戸神明宮三条神楽保存会(笹川浩志会長)。6人の伶人(れいじん)と小学校1年生から中学校1年生までの稚児11人が、28日夜に9舞、29日昼に11舞、29日夜に7舞を奉納する。夜は午後7時から、昼は午後2時からのそれぞれ神事に続いて仮設の舞殿で舞う。

もちまきのタイミングに合わせて参拝者が増える。もちまきは28日夜は最後の「杵樹」、29日昼は中盤の「五穀散」と最後の「福神遊」、29日夜は後半の「宝剣作」の演目で行う。

太鼓をたたく稚児
太鼓をたたく稚児

21日からけいこが始まり、24日だけ休み27日まで毎晩午後6時半から練習を続けている。本番が2日後に迫った26日夜の練習は、衣装こそ着なかったが、本番さながらに舞殿で行った。

会長の笹川浩志さん(61)と神明宮禰宜(ねぎ)の三上正行さん(45)が言葉だけでなく手取足取りで動きを指導し、完成度を高めていた。

29日は午後2時に天照会によるみこしが発進。近くの一ノ木戸商店街で開かれる三条マルシェや五十嵐川堤防で開かれる芝桜まつりのなかを渡御する。神楽の各回の演目は次の通り。

【28日夜】▲先稚児▲宮清▲榊▲悪魔祓▲大鉾▲羽返▲深山錦▲末広▲杵樹

【29日昼】▲先稚児▲宮清▲地久楽▲榊▲悪魔祓▲鳥形▲花献▲五穀散▲五行▲四神▲福神遊

【29日夜】▲鎮護鉾▲羽返▲五穀棒▲小弓遊▲宝剣作▲岩戸開▲奉幣

太鼓をたたく稚児

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com