ウオータースライダーに代えてアクアジム登場 「ビジョンよしだ」が県内初導入

(2024.4.29)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県燕市の吉田トレーニングセンター「ビジョンよしだ」は。昨年2月にリニューアルオープンに伴って撤去したウオータースライダーに代わる目玉アトラクションとして、県内で初めて水上アスレチック器具「アクアジム」を導入。そのお披露目イベントが28日行われ、子どもたちに大人気だった。

「ビジョンよしだ」が県内初導入した「アクアジム」は大人気
「ビジョンよしだ」が県内初導入した「アクアジム」は大人気

「アクアジム」は、空気を入れて水に浮かぶ、巨大な浮き輪のような器具。順番に障害をクリアしていくアスレチックコースを水上に置き換えたような遊具で、スポーツ・エンターテインメントの「SASUKE」のようでもある。

導入したのは長さ15メートルのタイプ。スタートしてトランポリン、すき間の空いたはしご、坂道をクリアして最後に滑り台を滑り降りてゴール。使うときだけ膨らませて25mプールに設置する。約100万円で導入した。

「ビジョンよしだ」が県内初導入した「アクアジム」は大人気
「ビジョンよしだ」が県内初導入した「アクアジム」は大人気

28日のお披露目では、延べ905人が利用した。子どもたち繰り返し何度も列に並んで挑戦して熱中した。来館者は昨年の大型連休の3倍ほどに増えて集客効果も抜群だった。

次回のお披露目は、大型連休最終日の5月6日午後1時から5時まで。その後は月1回のペースでアクアジムを設置する計画で、子どもたちの利用を待っている。問い合わせは「ビジョンよしだ」(0256-93-6600)へ。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com