【続報】清掃センター建屋からの黒煙は排煙を制御する弁の故障が原因 (2024.5.9)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県加茂市と田上町のごみ処理を行う加茂市・田上町消防衛生保育組合(管理者・藤田明美加茂市長)が運営する清掃センター(田上町原ヶ崎新田)で8日昼、建屋から煙が発生したことについて、煙突への排煙を制御する弁の故障が原因とわかった。

8日午後1時半ごろ建屋から黒煙が上がる清掃センター※読者提供写真
8日午後1時半ごろ建屋から黒煙が上がる清掃センター※読者提供写真

8日午後1時半ごろから30〜40分間にわたり建屋から黒煙が出たもの。焼却炉から煙突へ出す煙を制御する「パッケージコントローラー」の弁が閉じたままになったため、排出できなくなった煙が建屋からもれた。

火災と勘違いされるおそれがあるため、加茂地域消防本部に火災ではなく、煙の排出ではないことを連絡。手動で弁を開いて建屋からの煙は収まって煙突から出るようになり、その後は手動で操作することで9日も正常に運転されている。

清掃センターは1980年(昭和55)の供用開始で老朽化が進み、建て替えの検討を進めていたが、建設費の高騰などもあって昨年8月、いったん白紙に戻した。部品などは古くなると更新しており、今回の故障部分も更新している可能性がある。

また、ことし1月1日の能登半島地震では、煙突の上に設置されている避雷針が傾いて修理している。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com