三条祭りは勇壮な舞い込みで締めくくる

(2024.5.16)

取材依頼・情報提供はこちら

14、15日と行われた新潟県三条市・八幡宮(藤崎重康宮司)の春季例大祭、通称「三条まつり」は15日、大名行列が戻った八幡宮で舞い込みが行われ、無事に奉納行事を納めた。

三条祭りの舞い込みで拝殿に上げようとするみこしを先供が押し返す
三条祭りの舞い込みで拝殿に上げようとするみこしを先供が押し返す

15日朝の神事で神殿から御霊(みたま)を2基のみこしに移し、大名行列とともに氏子町内や大通りを渡御(とぎょ)して八幡宮へ還御して行われるのが舞い込み。先供が拝殿の周りを3周したあと、神馬(しんめ)、道祖神(どうそじん)が3周して拝殿へのぼった。

神馬、てんぐ、みこしなどが八幡宮へ戻る
神馬、てんぐ、みこしなどが八幡宮へ戻る

その後、みこし2基と囃子(はやし)方の太鼓の順に同じように拝殿の回りを走って3周すると、今度はそれぞれに続いて子どもを肩車した親子が同様に3周して拝殿へ上がると、道祖神や神官から子どもの頭をなでてもらって健やかな成長を願った。

子どもを肩車してみこしを追いかけて走る
子どもを肩車してみこしを追いかけて走る

みこしと太鼓を拝殿を上げようとすると、拝殿で待ち構えた先供などが、祭りを終わらないように押し返してもみ合う勇壮な場面が、三条祭りのクライマックスを迎えた。

道祖神会から子どもの頭をなでてもらう
道祖神会から子どもの頭をなでてもらう

大名行列の進行が遅れたため30分遅れでスタート。もみ合いもそれほどエキサイトすることもなく無事に終わったが、「毎年のことだけど、やっぱり終わると思うと寂しくなる」と閉幕を惜しんでいた。

あいさつする三条和歌集会の赤塚会長
あいさつする三条和歌集会の赤塚会長

すべてが拝殿に納まったところで、大名行列と舞い込みを運営する三条祭り若衆会の赤塚直人会長(36)があいさつした。「若衆会も今年度で50周年を迎えることができた。

すべて無事に終わって赤塚会長を胴上げ
すべて無事に終わって赤塚会長を胴上げ

未来永劫、三条まつりが続くよう若衆会も精進し、て来年もすばらしい祭りを開催したい」と述べ、三本締め。恒例で赤塚さんを胴上げし、若衆会が担当するすべての行事を終えた。このあと藤崎宮司は神事を行ってみこしから御霊をおろし、再び神殿に納めた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com