連続テレビ小説「虎に翼」の新キャストに三条市PRアンバサダーの三条市出身・高橋克実さん

(2024.5.21)

取材依頼・情報提供はこちら

4月1日から放送されているNHKの連続テレビ小説「虎に翼」の新キャスト第6弾が21日発表され、2022年に新潟県三条市初のPRアンバサダーに就任した三条市出身の俳優、高橋克実さん(63)の出演が決まった。

三条市出身の弁護士、杉田太郎役

昨年8月の三条市図書館等複合施設「まちやま」1周年記念トークショーに出演したときの高橋克実さん
昨年8月の三条市図書館等複合施設「まちやま」1周年記念トークショーに出演したときの高橋克実さん

高橋克実さんの役は、三条市出身の弁護士、杉田太郎(すぎた・たろう)。同じく弁護士の弟とともに地域の事件を多く引き受ける。裁判所の職員とも懇意にし、幅広い人脈をもち、東京からやってきた寅子にも愛想よくふるまう。

故郷の方言「らて」がはやってほしい

コメントででは、故郷の方言「らて」が「寅子の「はて?」に続いて流行って欲しいと期待しています!」としている。

主役の猪爪寅子のモデル、弁護士の三淵嘉子は新潟家庭裁判所長を務めたこともあり、弥彦で朝ドラの撮影が行われたとの話もあり、三条市で撮影の可能性も出てきた。

トークショーのようす
トークショーのようす

高橋さんは、1961年に三条市に生まれ、県立三条東高を卒業するまで三条市で過ごした。俳優業にとどまらず高橋さんが司会を務めた雑学バラエティー番組「トリビアの泉」でも人気を集めた。

2022年8月2日に三条市PRアンバサダーに就任し、昨年8月に高橋克実さんの母校、三条小学校の跡地に建設された図書館等複合施設「まちやま」の1周年記念トークショーでも来条、出演している。「虎に翼」の出演についての高橋克実さんのコメントと、滝沢亮三条市長のコメントは次の通り。

■高橋克実さんのコメント

まさかまさかの舞台が、わたしの生まれ故郷の新潟県三条市!しかも三条の弁護士役だなんて、ビックリしました。特に、今回楽しみにしているのが三条のことばなんです。 三条弁には、「らて」という可愛い語尾があって、「〜です」を「〜らて」と言うんですよ。 例えば、「そうです」は「そうらて」になって、「カフェラテです」は「カフェラテらて」に…。 この「らて」が、寅子の「はて?」に続いて流行って欲しいと期待しています!

■滝沢亮市長のコメント

滝沢市長
滝沢市長

NHKの朝ドラで舞台として三条市 (裁判所三條支部) と名前を出していただけただけで嬉しいですのに、弁護士役として私たちの高橋克実さんがご出演でさらに感激です!ストーリーが楽しみなのはもちろんですが、高橋さんが本当に三条弁をお話するのか、私たちならではの楽しみ方もしたいと思います!

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com