歴史民俗産業史料館別館の愛称が「ほまれあ(HOMAREA)」に決定 (2024.6.10)

取材依頼・情報提供はこちら

新潟県三条市は、7月20日に供用開始予定の歴史民俗産業史料館別館の愛称を公募し、応募のあった2,911件のなかから「ほまれあ(HOMAREA)」に決めた。

歴史民俗産業史料館別館の愛称に決まった「ほまれあ」のプレートを手に滝沢市長
歴史民俗産業史料館別館の愛称に決まった「ほまれあ」のプレートを手に滝沢市長

歴史民俗産業資料館別館は、旧三条市立図書館1階部分を改装し、三条市の名誉市民を顕彰する「名誉市民ギャラリー」と、文化芸術活動の発表の場「文化芸術ギャラリー」を備えた施設に生まれ変わる。

応募2,911件のなかから「ほまれあ」で応募した2人に賞金15万円

昨年11月中に愛称を募集し、三条市文化団体協会、三条美術協会、名誉市民関係者ら5人で構成する選考会で数点にしぼり、そのなかから滝沢亮市長が「ほまれあ」に決めた。

「ほまれあ」を提案したのは、福井県在住の西村和典(にしむら かずのり)さんと福岡県在住の永留慶(ながとめ けい)さん。三条市の名誉市民を顕彰し、名誉市民の希少な作品や資料が展示する施設であることから、「誉れ」と「rare(レア・希少な)」を組み合わせた。2人には7月20日に行うオープンイベントで賞金15万円を贈る。

7月20日に供用開始予定の歴史民俗産業史料館別館「ほまれあ」
7月20日に供用開始予定の歴史民俗産業史料館別館「ほまれあ」


これで図書館等複合施設「まちやま」、三条市体育文化会館「たいぶん」とともに市街地の公共施設の整備が一段落する。滝沢市長は10日の定例記者会見で、「一日中、エリアとしていられる、例えばご飯が食べられる所やカフェができるとか、民間の足をわれわれとしても何かきっかけができるようなエリアマネジメントができると、よりいっそうほかの公共施設の魅力も高まると思う」と相乗効果に期待。キッチンカー以外の固定のした店を求める声もいろんな人から聞き、「簡単な課題ではないが考えている」と話した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com