燕市の学校給食に初めてアルビレックス新潟応援給食が登場 (2024.6.11)

取材依頼・情報提供はこちら

サッカーJ!・アルビレックス新潟のチームカラーであるオレンジ色の料理やデザートなどを組み合わせた「アルビレックス新潟応援給食」が11日、燕市の全小中学校の学校給食に初めてお目見えした。

アルビレックス新潟応援給食
アルビレックス新潟応援給食

この取り組みは、島田譲選手が「燕市子育てサポーター」、燕市初のプロサッカー選手の石山青空選手(燕西小・燕中学出身)の「ご当地応援選手」就任をきっかけに行った。先に新発田市と聖籠町の学校給食でも同様の取り組みが行われている。

アルビレックス新潟応援給食のメニューは、チキンライス、かぼちゃの豆乳ポタージュ、クラブエンブレム入りメンチ、グリーンサラダ、アルビレックス新潟ゼリー、アルビレックス新潟牛乳。

アルビレックス新潟応援給食を食べる燕中学校3年生のクラス
アルビレックス新潟応援給食を食べる燕中学校3年生のクラス

チキンライスはチームカラーのオレンジ色。グリーンサラダは緑のフィールドで躍動する選手をイメージしたとか。クラブエンブレム入りメンチは業者に委託し、アルビレックス新潟の許可を得てクラブエンブレムの画像データを基にエンブレムがプリントされている。アルビレックス新潟のゼリーと牛乳は既存のものを注文した。

生徒と一緒にアルビレックス新潟応援給食を食べる小林教育長
生徒と一緒にアルビレックス新潟応援給食を食べる小林教育長


燕市立燕中学校の給食に小林靖直教育長が訪問して3年生のクラスで生徒と一緒に味わった。翌週22日にビッグスワンで行われるアルビレックス新潟のホーム戦は燕市デーで、小林教育長は「オール燕でアルビを応援していきたい、盛り上げていきたい」と話した。

メニューを考えた燕市東部学校給食センターの小嶋智子栄養教諭が、メニューの素材やねらいを紹介した。

アルビレック新潟の島暖選手と石山選手からのメッセージ
アルビレック新潟の島暖選手と石山選手からのメッセージ

給食前に島田選手と石山選手の動画メッセージを上映。島田選手は食事も練習のひとつで「元気な心を体をつくるには、バランスよくご飯を食べることが大切です」、石山選手は「僕は燕市の給食でとり肉のレモンあえが好きでした」と子どもたちに語りかけた。

アルビレックス新潟応援給食は生徒にも好評で「メンチカツがいちばんおいしかった」、「アルビレックスを応援しようという気持ちになった」などと話していた。最後に生徒から選手に届ける応援メッセージの動画も撮影した。

生徒から選手への応援メッセージも撮影
生徒から選手への応援メッセージも撮影

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com